トタン板だらけの異様な光景に、足を止めている人もいました。