2007年8月14日 (火)

《銀座の水族館》

有楽町のソニービルの前に沢山の人だかりが。

何事かと思っていたら、大きな「水槽」がありました。

Rimg0090 この蒸せる様な暑さの中、魚達だけがとても涼しそうに泳いでいて羨ましいです。

上の階では沖縄の「美ら海水族館」とソニーのハイビジョン映像とがコラボしたイベントをやっているというので、上に上がってみます。

イベント⇒Sony Aquarium 2007

Rimg0101 2Fには、テレビを2つ重ねて水槽を表現しているコーナーがありました。

映像ですが、水の透明感が、とてもキレイに表現されていて、一瞬水槽かと錯覚しそうになります。

8F コミュニケーションゾーン OPUSでは、200インチのスクリーンに美ら海水族館の大水槽「黒潮の海」の映像がとてもリアルに流されていて、それは、実際に行ってみたくなるすごさでした。

都心にいながら沖縄の美ら海水族館へ行った気分になれたし、泳いでる魚の映像を見ただけで、少しだけ涼しい気分になれました。

8/31までやっているようなので、銀座へ行った際はぜひ!オススメです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ励みになります。よろしかったらポチっとお願いします。(^o^)/

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

銀座《三原橋》の昔!

小さい頃から「何でここに地下街があるんだろう?」と思っていました。

今でも昭和の香りが漂う銀座・三原橋の地下街。

Rimg0087_4  「晴海通りを越える為?」「地下街のはしり?」それにしては規模が中途半端だなぁ。

色んな想像をしていました。

色々調べてみると、昔は名前の通り橋だったんですね。

こちらのサイトで昔の写真を見つけました。⇒日本映画100景

Rimg0069_5 戦後の、銀座の瓦礫を川に埋め立てる際、ここ三原橋だけは、当時都電が走っていた為、完全に埋め立てが行なわれなかったようです。

橋の下のスペースを利用しただけなので、天井は低く、少し窮屈な感じがします。でも、映画館(シネパトス1・2・3)はあるし、床屋はあるし、食事の出来るお店に、怪しいお店も・・・。

Rimg0178_3   地上に上がれば、銀座のど真ん中を望む場所にありながら、いつまでたっても昭和の香りが漂う、ここ三原橋の地下街。

地上での慌しい開発をよそに、ここではゆっくり時間が流れている気がします。

Rimg0090_1 たまには、こんな場所で飲んでみるのもいいかな。

松坂牛、ちょっと気になるし。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ励みになります。よろしかったらポチっとお願いします。(^o^)/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

《銀座天賞堂》

銀座に昔からある天賞堂という模型屋さんのショーウインドーに、東京タワーの模型(13.330円)が飾ってあるのを見つけて、ふらっと中へ入ってみちゃいました。

Rimg0083_1 自分が小学生の頃から銀座にある模型屋さんですが、昔の品揃えとだいぶ変わっている気がします。

前はプラモデルがいくつもあったと思うのですが、コレクター向きの、電車の模型がだいぶ置いてあります。

Rimg0070_1

こんな模型もありました。

人類が月面着陸を果たした時のロケット「APOLLO  SATURN V」 です。

値段は 14.553円となってました。

完成すると、高さは120cmにもなるそうな。

Rimg0078 店内には、こんな変わったキーホルダーもあって面白いです。

他にも、「メトロ・銀座線」「京浜急行」の物がありました。

電車好きな人はぜひ。

天賞堂の場所〔地図

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ励みになります。よろしかったらポチっとお願いします。(^o^)/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

《日比谷公園》散歩

何年かぶりに「日比谷公園」へ行ってきました。今までただの公園かと思って思っていましたが、色んな面白い物を再発見出来ました。自分の無知が恥ずかしくなりました。

Rimg0003_4 日比谷公園が、明治時代に陸軍の練兵場だった事は知っていましたが、石垣の碑文をみて「へ~」江戸城外郭城門のひとつ日比谷御門の跡だったとは。

江戸時代、江戸城に入城の際には現在の日比谷交差点にかかる位置にあった、この日比谷御門の一部であり、見張り役人が警備する日比谷見附を通り抜けなければならなかったそうです。重要な場所だったのですね。

Rimg0009_3 石垣の前にある「心字池」のそばでは、天気もいいので猫たちが気持ち良さそうにしています。

Rimg0008_2 こちらの目も全く気にせず、仲のいいところを見せてくれます。(*。*)ヒャー

Rimg0012 奥へ歩いていくと、石がごろんと置いてあります。何で?と思っていたら、ただの石じゃ~ございません!南極から持ち帰った石だそうです。昭和41年に南極観測船「ふじ」が持ち帰った石だそうです。重さ150kg。

Rimg0014_1 こちらには、石のお金が置いてあります。南太平洋のヤップ島(現ミクロネシア)で使われていたものらしいです。

石貨の価値は①直径の大小②表面が滑らかか、粗いか③形の難易④運搬の難易によって決められていたそうです。 大きいだけじゃダメなんですね。

Rimg0027_1  鶴の銅像がある雲形池の噴水は、公園等の装飾様噴水としては、日本で3番目に古いものだそうです。

ちなみに、1番目は「長崎諏訪神社」2番目は「大阪箕面公園」の噴水。

戦時中の金属回収で、台座が石造りとなってしまっています。

池の向こう岸をみると、水面をのぞき込んでいる人達が7~8人います。何かいるのかと思って近づいてみると・・・。

Rimg0033_1

何でしょう?鯉とは明らかに違う大きな魚が!90cm以上はありそうです。

手前に泳いでいるのが鯉だと思います。

隣で見ていた若いお兄さんは、「らいぎょかなぁ」と言っていました。

Rimg0032_1 同じ池には、ミドリガメもいました。写真を見て小さいと思いませんでしたか?他の生物と比較して撮れなかったですが、30cm近くはありました。

この池はいったいなんなんでしょ。

栄養がいいのかな。

Rimg0056_1

暑いので、大噴水の近くでアイスでも食べようかと思っていたら、何やらイベントの準備中です。ガードマンに尋ねてみると、週末から、6/3までドイツフェスタが行なわれるらしいです。

どうりでビールケースを運んでいる人がいた訳だ~。

じっくり散歩してみたら楽しい公園です。この日の写真

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ参加カテゴリ変えました。

「散歩・ウォーキング」カテゴリの皆さま、初めまして。

これからよろしくお願い致します。 (*'-'*)

| | コメント (2)

2007年3月24日 (土)

《銀座》鈴木ビル

Rimg0142 銀座の鈴木ビルです。東京都の整備局によると東京都選定の歴史的建造物となっているようです。

かつて甲子屋倶楽部と呼ばれ、公園や稽古等に部屋を貸し出していた建物だそうです。
2階に芝居等の公演ができる広い舞台があり、3階は住居、その他は予備室や貸室となっていたそうです。

Rimg0145
4つの馬蹄形の窓を持つ銅板葺きの屋根、デザインを変えた3種類の窓、1階円柱にほどこされた幾何学的レリーフ、内部の窓に用いられている布目タイルなどに特徴があります。

以前、この界隈を歩き回っていた時に見つけた建物だったんですが、暗くなって撮り損なっていたので、撮れてほっとしました。

鈴木ビル/所在地:中央区銀座 1~13~1

Rimg0147 隣に建っていた、こちらの建物もすご~く気になったので一緒に。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へよろしければ、ポチっとよろしくお願いします。\(^。^)

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木)

《銀座》夜の歌舞伎座

Rimg0214_1 歌舞伎座が近い将来建て替えを行なうらしいので、銀座へ行きました。同劇場は、原型となった劇場が1925年に開場。45年の東京大空襲により内部の一部を焼失しましたが、50年に現在の歌舞伎座が完成。翌年1月に開場し、現在に至っているそうです。ちなみに、今現在建っているのは、4代目に当たる様ですね。 照明に照らされた歌舞伎座は、威風堂々として、威厳に満ち、そこだけがぽっかりと異空間。建物を眺めていると、さながら銀座に突如出現したの様でした。自分の他にも、海外の方を含めて3人ほどが、写真を撮っておりました。海外の方は、それはいいものを見たという様ないい表情をされてたのが印象的でした。眺めている内に、中学生の時友人達と、ダイアナ妃を見にここまで来たのを思い出しました・・・。

にほんブログ村 写真ブログへ 参加しました。よろしければポチっとお願い致します。\(^。^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)